オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

江戸時代の商人の生き様

江戸時代の商人の生き様を書き綴った「日本永代蔵」という書籍があります。

これは、西鶴が47歳の時に綴ったものです。

その中には、さまざまな長者や商人の姿が生々しい描写で描かれています。

序盤で面白かったのが、長者の家に生まれて後を継いだ倅が、親の代よりも倹約というよりも吝嗇ともいえる節約をします。

ところがある日、文とともにあった大金を手にしたことから没落が始まります。

その文は、女郎が男に当てたものだったらしいのですが、手に渡らずにここにあるのです。

文を読んで哀れみ、島原まで持参したのは良かったのですが、魔が差した挙句、あぶく銭だから記念に遊んでから帰ることにしたのが運のつき。

遊びの魔力に取り込まれた男は、結局、資産を使い果たし家を没落させてしまいました。

節約も大切ですが、やはり行き過ぎは良くないということでしょう。

何事も、ほどほどに・・・