オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

上杉鷹山の師 細井平洲が「興譲館」に込めた思い

私が尊敬する歴史上の人物の一人に上杉鷹山公がいます。

弊社の名称の由来も鷹山公にあやかりたい思いから、鷹山公が創設した藩校「興譲館」から名付けました。

さて、その「興譲館」の名付け親は鷹山公の師でもある細井平洲先生。

その名に込めた思いとして「個人個人の修養が家庭を安定させ、各家庭の安定が地域社会を安定させ、そして地域社会の安定が市や県を正しく収めさせ、それが集まって国家が正しく安定させる」ということです。

これは、古代中国の政治指導書『大学』で説かれているモチーフにインスパイアされているとのこと。

そしてこの個人から全世界に至る発展過程で、個人あるいは組織が心がけなければならないこととして「譲と仁」の二つの道徳を重視しています。

細井平洲先生は、この「譲」を「恕」という言葉におきかえて常々、説いていました。

「恕」というのは「他人の悲しみや苦しみはみるに忍びない。なんとかしてあげたい」という思いです。

興譲館」という校名には、「日本人の美しい心を興す」という思いが込められているのです。

私も「Kojo」という名を冠しているからには、「恕」の精神を忘れずに、お役立ちできるよう邁進していきたいと思います。

 

f:id:ogaz100:20160704095824g:plain