オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

「怒りっぽい人」

ついつい感情的になって怒ってしまうことがあります。

特に、「怒りっぽい人」は、閾値が低いようで、(俗に“沸点が低い”などと言われます)ちょっとした事でも感情的な反応をしてしまいます。

ところがアドラーは、「そもそも“怒りっぽい性格の人”など存在しない。“怒りという感情をしょっちゅう使う人”がいるだけである」と言っています。

では、怒りの感情をコントロールすれば良いか、というと「怒りなどの感情をコントロールしようとすることは無駄である。感情は“排泄物”であり、“排泄物”を操作しても何も変わらない」と言っています。

となると、どうすれば良いのか、ということになります。

つまり、“怒り”という感情を生み出した認知を修正することが大切だと考えます。

確かに、誤解や勘違い、思い込みが感情にマイナスに働き、その結果、人間関係を損ねることはありがちです。

まずは、思い込みや囚われに向き合うことが大切なのでしょうね。

 

f:id:ogaz100:20161111102030j:plain