オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

「キャリア」について

最近、「キャリア」に関するお仕事が続いています。

そこで、「キャリア」についての私の考えを整理しておきたいと思います。

実は、多くの方が「キャリア・デザイン」をして今があるわけではないのではないかと思います。

私も、今まで流れ流されて今があります。

これは、「キャリア・ドリフト」している状態です。

つまり、職業人生を漂流しているということですね。

しかし、人生にはいくつかの分岐点があります。

例えば、進学か就職か、どの学校へ行くのか、どの会社に就職するのか、その会社でどのような仕事をしたいのか・・・などなど、です。

私の場合は、今の会社に残るのか、それとも独立して起業するのか、大きな選択でした。

私は、キャリアを「人生ゲーム」に例えることがあります。

いくつかの分岐点があり、「ハイリスク・ハイリターンコース」「ローリスク・ローリターンコース」のような選択肢が示されます。

ここでどちらに進むか、これぞ「キャリア・デザイン」だと考えています。

そして、「キャリア・デザイン」のゴールは、「より幸せな人生」なのだと思います。

「幸せな人生」をイメージして、たまには「キャリア・デザイン」してみてはいかがでしょうか?

f:id:ogaz100:20161104131803p:plain