読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

劣等感の克服

劣等感を克服するために、アドラーは二つの考え方を提示しています。

一つは、「優越への努力」です。

これは、他者に対する競争心や嫉妬心を克服するために努力をすること、だと言っています。

二つ目は、「完全への努力」です。

これは、周囲の人達のために何が出来るか、を考えて努力することです。

「世のため、人のため」に頑張ることと言いかえても良いかもしれません。

前者は、人との敵対が前提となっており、失敗は敗北を意味します。

後者は、一体感の中で頑張ることが前提で、失敗は努力のワンステップ、挑戦の証と考えます。

成長を考えるなら、「完全への努力」で劣等感を克服していきたいですね。

 

f:id:ogaz100:20160519114433p:plain