オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

劣等感

誰しも、何らかの「劣等感」を持っていると思います。

この「劣等感」は、アドラーが発見したそうです。

アドラーは、「劣等感」を「理想の状態とのギャップ」と捉えています。

ですから、「劣等感」を感じること自体は普通のことであり、足りない部分を補うために他の人と協力していると考えられます。

しかし、「劣等感」を言い訳に使い始めると「劣等コンプレックス」になり、「理想の状態」に向かうことを諦めてしまうようになります。

今一度、素直な気持ちで「劣等感」に向き合うことで、ありたい自分の道しるべになるかもしれませんね。

 

f:id:ogaz100:20160726095437j:plain