読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスKojo 「伝刻の詞」

株式会社オフィスKojoの社長がその刻に感じたさまざまな事象を綴ります。

守破離

米国のP. ハーシーとK. ブランチャードが提唱したリーダーシップ論に「状況対応リーダーシップ」というモデルがあります。

リーダーシップ論ですが、どちらかというと部下指導論だと思っています。

この論で面白いのが、ティーチング・コーチング・エンパワーメントを上手く展開できる理論であることです。(直接的には言っておりません。あくまでも、私の解釈です)

で、この理論を知ってから、何かに似てるなぁ・・・と思っていたのですが、自分なりに「守破離」の考え方と近いなぁと思い至りました。

守破離」とは、人がある道を究めるのに歩むべき3段階のこととされています。

武道や茶道などの日本古来の『道』文化が発展、進化してきた思想であるといわれています。

「守」とは、師についてその流儀を習い、その流儀を守って励むことで、「破」とは、 師の流儀を極めた後に他流をも研究すること、「離」は、自己の研究を集大成し、独自の境地を拓いて一流を編み出すことだといわれています。

日本の『道』文化は、奥深いものです。

欧米から輸入してきた考え方だけに移入するのではなく、このような日本ならではの考え方も大切にできればいいですね。